玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し
玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し
玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し
玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し
  • 玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し
  • 玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し
  • 玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し
  • 玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し

垂れない!お手入れ簡単!最後の一滴まで美味しく飲める!

玉光作 常滑焼 茶っ切り急須 黒燻し

商品コード:1001_5322

4,860円 (税込)

 

×:在庫なし

ご希望の商品にチェックを入れて「カートに入れる」を
クリックしてください。

数量


※ご使用後のお客様都合による返品・交換はできません。
※手作り製品のためサイズ・重量は前後いたします。


本商品の送料は650円(税込)です。

1~2週間でのお届けです。

商品説明

伝統工芸士が一つひとつ仕上げた常滑焼の急須です。
最後の一滴まで美味しく飲むことができます。
お茶が垂れにくく、また茶葉を捨てやすいので楽にお手入れできます。

特長
①三角形の注ぎ口がお茶を垂れにくくしてくれるのでテーブルを拭く手間もいりません。
②急須本体に切り込みが入っているため、茶葉を捨てる際に引っかかりにくくスムーズに捨てられます。
③外側には千段と呼ばれる線が入れられており、手で持ったときに滑り落ちにくくなっています。
④陶器製の茶漉し一体型(セラメッシュ)なのでお茶に金っ気が出ません。
 また内側・外側に釉薬がかかっていないので、土の成分(鉄分)で美味しく淹れる事ができます。
⑤伝統を守る伝統工芸士率いる工房が、手作業で一つひとつ仕上げています。
 ろくろで極限まで薄く仕上げているので、軽量で扱いやすい上にお湯が冷めにくいです。




【梅原廣隆氏の陶歴】
玉光陶園 : 二代目玉光・伝統工芸士

【常滑焼とは】
愛知県常滑市を中心に、平安時代末期から伝わる焼き物。
一点一点手作業でつくる常滑焼の急須で淹れたお茶は、まろやかで旨味が際立つといわれています。
常滑陶磁器卸商業協同組合が「常滑焼の急須でお茶を淹れると美味しくなる」 を様々な実験で調べ、
実証するプロジェクト「お茶ラボ・2010年夏」にて、2000人に対し行った味覚実験でも
「常滑焼急須で淹れたお茶が美味しかった」と答えた人が
1700人以上(※全体の85%)という結果もあります。
セット内容
本体、取扱説明書

材質
陶器

大きさ
(約)長辺(取っ手含む)16cm×短辺(注ぎ口含む)13cm×高さ(蓋つまみ含む)9.3cm、
本体直径 約10cm、開口部直径 約7.5cm
※1~2人分のお茶を注ぐのにちょうど良い大きさの容量約350mlです。
※手作り製品のためサイズは前後いたします。

重さ
約230g
※手作り製品のため重量は前後いたします。

製造
日本

製造元
有限会社 玉光陶園(伝統工芸士 梅原廣隆、他)